リフトアップをする
芝生がふかふか

加齢にともなう顔のたるみに悩む女性は多いです。一昔前までは、たるみ取り、リフトアップするには手術しか方法がありませんでした。それがサーマクールが登場してから、切らないでたるみを取ることが実現しました。初期のサーマクール機器は痛みが強く感じられるものでしたが、最近では機器や方法も改良され、痛みも少ないものが多いです。 サーマクールの原理は、高周波を肌に照射することによって肌を引き締めるというものです。高周波の熱は真皮細胞を傷つけるのですが、そこを修復する過程で大量のコラーゲンが生成されます。そのおかげで肌が活性化し、美肌効果が実感できるというわけなのです。 他にも二の腕やお腹のセルライトなどに効果があります。

整形手術の場合、傷跡や腫れが目立ち、またいかにも整形したという印象になってしまうため、敬遠する人も多かったのですが、サーマクールのように、メスを使わないプチ整形は最近人気がある施術方法です。施術場所にもよりますが、照射には30分から1時間ほどの時間で終了します。メスを使用しないので、施術後のダウンタイムも必要がありません。すぐに日常生活に戻ることができるので、整形したと周りにわからないように挑むことができます。 ですから切らずに済む安全なプチ整形として、サーマクールは今後も注目されるものと考えられます。 サーマクールの効果は、個人差がありますが、施術後コラーゲンがどんどん生成されるのが施術後1〜2か月ほどといわれ、徐々に効果を実感できるものです。

Copyright © 2015 色んな方法で綺麗になる|諦めずにケアや施術をしよう. All Rights Reserved.