わきがを治す
草むらで寝ころぶ

わきが治療を行う場合には、保存療法と手術療法の二種類に分ける事が出来ます。 保存療法は制汗剤を用いたり、わき毛を剃ったり、ボトックス注射をする事によって、発汗を抑えたり臭いの原因となる雑菌の繁殖を抑えるなどする事によって対処する方法です。 手術療法は文字通り手術を行って臭いの原因となるアポクリン腺と呼ばれる汗腺を取り除く事によって、わきがの根本的な原因を取り除いてしまう方法です。 保存療法はあくまでも一時的な対処方法であるために、元に戻ってしまえば再び臭いに悩まされる事になります。そのために、手術療法で根本的な原因を取り除いた方がわきがには効果があるのですが、必ずしも手術療法の方が優れているという訳では無いです。 手術療法は体への負担が大きいので、軽度のわきがであれば保存療法で対処しても十分な効果が得られるために、保存療法を選ぶ場合もあります。

日本人は入浴する生活習慣があるせいか体臭が強い人は少なく、わきがの人がいなかったわけではないですが、その割合は少なく大体10%から15%程度であると言われています。一方、同じアジアの中国人はさらにわきがの割合は少ないと言われており、5%程度の人がわきがであると言われています。 一方、白人についてはかなり高い割合となっており、7割程度の人がわきがであると言われており、さらに黒人に関しては9割以上、ほとんどすべての人がわきがであると言われています。 このように比べてみると日本人はわきがの人がかなり少ない方であると言えます。 誤解しないでほしいのは割合が多い地域でも全く気を配っていないという訳では無く、香水を用いて臭いを消すなどの習慣が昔からあり、臭いの対策は行っています。

Copyright © 2015 色んな方法で綺麗になる|諦めずにケアや施術をしよう. All Rights Reserved.