薬剤の治療
赤い下着

ボトックス注射で使用されている薬剤は、重症の食中毒を引き起こすことで知られているボツリヌス菌から抽出されたものです。そんな怖い物を注射すると体に悪い影響があるのではないかと心配する人もいますが、ボトックス注射で用いられているのは、神経を麻痺させる成分を薄めて無毒化したものなので、安心して利用することができます。このボトックス注射は、もともと眼瞼痙攣や顔面痙攣などの痙攣系疾患を治療するために医療現場で使用されていました。しかし、注射を打った部位のシワが薄くなる現象が確認され、美容外科分野の治療にも利用されるようになりました。ボトックス注射には神経を一時的に麻痺させる機能がありますので、表情筋の働きで生じているシワを消すことができます。

ボトックス注射は、シワ取り治療の一手法として美容外科分野の治療に取り入れられるようになりました。ヒアルロン酸注射等では改善することが難しい、額や眉間、目尻などに刻まれた深い表情ジワの改善にはボトックス注射が有効です。しかし、最近では、シワ取り以外の目的にも利用されるようになってきています。よく知られているのが、ボトックス注射を用いるわきが治療です。この注射をわきの下に打つと、汗を分泌する筋肉が収縮しなくなりますので、発汗が抑制されます。汗が出なければわきがの臭いも起こらなくなるため、大勢の人がボトックス注射を用いるわきが治療を受けています。また、筋肉を細くすることによって痩身効果を得ることもできるため、今後はボトックス注射が用いられるシーンが増えるだろうと予想されています。

Copyright © 2015 色んな方法で綺麗になる|諦めずにケアや施術をしよう. All Rights Reserved.